HOME > 患者様の声 > 8ページ目

患者様の声 8ページ目

治療の終わりについて

今回は、治療の中断についてお話したいと思います。

治療の初期段階での歯の痛み、腫れ、出血などは通院し応急処置などで一旦は改善されます。
しかし、症状が収まったからと通院を中断してしまってませんか?

通院を中断してしまってはいけません。
まず、治療途中なので完治していないからです。
そして更なる病気が発生してしまうリスクもあります。

なので、こういった悪循環に陥ってしまう前にきちんと治療を終了させメンテナンスに通いましょう。
疑問、ご相談どんな些細なことでも何かございましたら当院スタッフにお尋ねください。

乳歯だから虫歯になってもいいは間違い!!

こんにちは!
最近よく「乳歯はどうせ生え変わるから虫歯になっても大丈夫ですよね?」と言った
お声をよく聞きますがそれは間違いです。

乳歯の虫歯を放置しておくと、後から生える永久歯に悪影響を
与えてしまいますwobbly
それは、歯が生え替わるとき、永久歯を誘導するために乳歯の
根っこが永久歯に吸収されるためです

そのため、乳歯が虫歯のままだと、その後に生えてくる永久歯の
歯質、噛み合わせなどに問題が生じることがあるのです。

ですから乳歯だからといって油断は禁物です!!
乳歯のときから、お子さんに歯のケアの大切さを教えて
あげて、毎日しっかりとケアする習慣を付けましょうnote

虫歯になりにくい人とは

歯を磨かなくても虫歯にならない。
それは虫歯になりにくい体質であり、唾液の質と量が関係していると考えられます。

虫歯は口の中の糖を分解して酸に変え、歯の表面を溶かすことでできるものです。反対に唾液には、虫歯菌が増えないようにする作用があります。つまり、口の中に新鮮な唾液が出てくることにより、虫歯菌の増殖を抑え、酸の発生を防ぐことができます。
よって、唾液量が多かったりする人は虫歯になりにくい体質だと言えます。

しかし、虫歯になりにくい体質は歯周病になりやすいとも言われています。長期間にわたり歯磨きをしないでいると、歯と歯肉との狭い隙間に溜まった歯垢が唾液と混じり、歯石の奥で繁殖した歯周病菌が歯肉を冒している恐れがあります。

だからこそ、日々の歯磨きが欠かせないと思います。
虫歯になりにくいからといって歯磨きを怠らないようにしましょうflair


知覚過敏




こんにちは!

今回は知覚過敏についてお話します。


アイスを食べたり冷たい飲み物を飲んだりすると
歯がキーン、とする…

虫歯はないと思うけど…と来られる患者さんは
多くいらっしゃいます。


歯の中には神経が通っており、その神経の感覚が
敏感になって痛みとして現れてくるのが知覚過敏の症状です。



では、何故神経が過敏になってしまうのか……


原因はいくつかあります!



①歯ぎしりや食いしばりがある
②歯磨き時のブラッシング圧が強すぎる
③プラーク(歯垢)が付着している



①、②はどちらも歯に負担をかけすぎているとが原因です。


なので




①→マウスピースを着ける

②→適切なブラシ圧にする、歯ブラシの種類を変える


ことが重要です。




③に関しては、ブラシ圧に注意しながら
しっかり歯を磨く事が重要です。



また、虫歯が出来てしまった時も、知覚過敏と同じような
症状が出ることがありますので注意して下さいね!(*^^*)











まだまだ続く梅雨

こんにちは!
今年の梅雨は7月の末まで続くらしいですね
雨ばかりで嫌になる毎日ですcrying

雨の中歯医者に行くのは嫌になりますよね
でも当院は駅からも近くセンター街もあるので雨に濡れることもなく
お子様連れの方でも楽に通う事ができます!

当院は雨の日でも晴れの日でもお待ちしておりますscissors



子どもの虫歯予防 シーラント



こんにちはsun


子どもの歯を虫歯から守りたい!
虫歯予防といえば歯磨きやフッ素などが思い浮かびますが
それでも虫歯になってしまった人は少なくないはずですsweat01

そこで今日は子供の健康な歯を虫歯から守ってくれるシーラントについて紹介していきます。

①シーラントとは
 シーラントとは奥歯の凸凹を埋めて虫歯菌が繁殖しないようにするものです。
 埋め込む素材はプラスチックで奥歯の凸凹や前歯の裏側などの虫歯になりやすい部分に施します。
 シーラントは保険適用内で行えるのも魅力的です。
 ただしシーラントは虫歯の治療に使えるものではなく、
すでに虫歯になっている歯には使えないのがほとんどです。

②前歯にも良い!
 永久歯が生え変わったばかりの頃は前歯の裏に溝のようなものがあります。
 そこには汚れが溜まりやすく虫歯の温床にもなりやすいです。
 歯の裏は汚れていてもなかなか気付くことが出来ず歯磨きでも磨き残したり
 虫歯になっても発見が遅れることがあります。
 そのため、前歯の裏にシーラントを施すことで虫歯予防に期待できますshine

③シーラントするならいつがいい?
 ・4歳~5歳頃・・・乳歯に
 ・ 6歳頃  ・・・6歳臼歯に
 ・7歳~8歳頃・・・生え変わった永久歯の前歯に
 ・9歳~12歳・・・永久歯の奥歯に

シーラントは治療ではなく予防歯科のひとつの方法です。
薬剤で予防するフッ素とは違いシーラントは物理的に歯を覆って虫歯を予防するものです。
1人ではまだ十分に歯磨きが出来ない子供に施せば、虫歯予防になるでしょう。
必ずしなければならないものではありませんが、前歯だけ、奥歯だけなど虫歯になりやすい部分に施せば
十分メリットを感じられるはずです。
気になることがありましたらお気軽にご相談下さいdiamond

歯の生え変わり期について

みなさんこんにちは。
夏休みも始まり旅行やレジャーなど楽しいイベントがたくさん待ち構えていますね!

そこで今日はお子様の歯についてお話したいと思います。
乳歯は5~6歳になると順番に抜けていき永久歯に生え変わり12歳頃になると永久歯列になります。

生え変わり期はお口の中がでこぼこして磨きにくいのでお母さんが仕上げ磨きをしてあげるといいでしょう。
また、この生え変わり期は歯並びも気になるところです。
矯正のご相談などお悩みがあればこの機会にぜひお問い合わせください。



歯磨き後のうがいは一回!

こんにちは!突然ですがみなさんは歯を磨いてからうがいは何回しますか?
お口の中に歯磨き粉が残っている感じが嫌で何度もしてしまう方も多い
と思います。
でもうがいをいっぱいしてしまうと歯磨きの意味がなくなってしまうのです。

虫歯はいわゆるむし歯菌が糖を食べて酸を作り、これが歯の成分である
(ハイドロキシ)アパタイトを溶かすことにより起こります。
これを「脱灰」といいます。

初期の虫歯では脱灰したアパタイトが歯に戻る「再石灰化」と呼ばれる
現象が起こります。フッ素、正しくはフッ化物を含むアパタイトは再石灰化を
起こしやすく、いったん歯に戻ると次には脱灰しにくいため
歯の表面が強いアパタイトに置き換わって虫歯に強くなります!つまり再石灰時にフッ化物が
お口の中にあることが重要となります。
これが虫歯予防にはフッ素入りの歯磨き剤(ペースト、粉など)が良いと言われます。

ところが歯磨きの後に何度もうがいをすると歯磨き剤に含まれるフッ化物が
流れ薄くなってしまうのですcoldsweats02
歯磨き後に汚れを吐き出した後の仕上げうがいは、ごく少量の水で
一回だけにして、しばらく飲食しないことにより再石灰化効果が
高まると言われています!

うがいの回数で虫歯なりやすくなることもあるんですね
みなさんも是非心掛けてみましょう♪

ひと口30回

こんにちは!
みなさんはご飯を食べたら何回噛んでからのみこみますか?
すぐに飲み込んでしまう方多いと思いますですがひと口につき
30回は噛んでみましょう!
健康な歯で、よく噛むことがアンチエイジング(功労化にを防ぐ)に繋がる要素になるのです。


アンチエイジングになる食事方法
・ひと口30回噛みましょう
・食事中の水分は控えめに
・早食いはNGです

よく噛むと、なぜアンチエイジング効果があるのか?

よく噛むことでだ液の分泌が促されます。だ液にはアンチエイジングに貢献する
様々な成分が含まれています。そのうちの一つがアミラーゼです。
アミラーゼは消化酵素の一つで、胃にかかる負担を軽減させ
栄養素の吸収を早めてくれます。

若々しく見える人の多くは美しい歯をキープしています。
白くてきれいな歯は、それだけでも人を若く見せますが、しかし見栄えだけでははなく
健康な歯そのものが若さを保つことに大きく関係しています!
みなさんもよく噛んで健康な歯をてに入れていきましょうhappy02

口臭について




こんにちは!
最近天気が不安定で、梅雨の季節になってきましたね(+_+)


今日は口臭についてお話していきます!


日常を過ごす中で周りの人やご自身から
口臭が気になったことはありませんか?

特に気になると言われた事が
くあるタイミングは…

◎朝起きた時
◎お腹が空いた時
◎緊張した時

あるタイミングの時に気になるこれらの口臭は
生理的口臭という、誰にでも起こりうる口臭なのです!!

なので、決して病気ではないので
安心してください(*'ω'*)


また、口臭予防のためにはタブレットをなめる方法や
こまめに水分を摂り常にお口の中を潤しておくことが
大切になります!!(^^)!


これからどんどん暑くなってくるので
熱中症対策も兼ねて、水分をこまめに摂っていきましょう。








<<前のページへ12345678910

100件以降の記事はアーカイブからご覧いただけます。

このページのトップへ