HOME > 患者様の声 > 6ページ目

患者様の声 6ページ目

歯がザラザラするのは・・・


ふとしたときに歯を舌で触ってみたときに
ザラザラするのはなんですか?と聞かれました。

今回は歯がザラザラする原因や対処法を
お教えいたします!

① 歯に歯垢や歯石がたまるとザラザラした感触があります。
  プラークとも呼ばれ、歯に付着した磨き残しによってできる
  細菌のかたまりです!

  対処方法としては、磨き残しが多い歯と歯ぐきの間や
  奥歯の溝、歯並びが少し悪いところを意識して
  磨いてみてください!

➁ もしかしたら初期虫歯の症状かも!
  エナメル質の色が白っぽくなり、ザラザラした感触になることも。

  対処方法は、初期虫歯はもちろん歯医者で治療するのが一番ですが
  セルフケアによって改善することも可能なんです!
  再石灰化を促すために、デンタルフロスを使ったり
  再石灰化を促すフッ素入りの歯磨き粉を使用するのがおすすめ!

その他にも要因は考えられることもありますが、
意外とセルフケアで改善できたりもするので
ぜひザラつきが気になってる方は試してみてください☆★☆

世界で一番かかる人が多い病気は??

みなさんこんにちわ!
ここで質問ですみなさんは世界で一番かかる人が多い病気はなにかご存知ですか??
私は最近初めて知ったのでみなさんにも知っていただきましょう!!

実は世界で一番かかる人が多い病気は歯周病なのです!!
世界で入り版患者が多い病気としてギネスブックにも載っているそうです
日本人では成人の80%がかかっています。
また歯周病は歯を失う原因のNo,1です
歯周病を予防するためには定期的のクリーニングが効果的です!
当院でもクリーニングさせていただいてますのでお気軽にご予約お取りくださいねconfident

唾液は大事

皆さんは唾液が1日にどれくらい分泌されているか知っていますか?
唾液は1日に1000~1500㎖分泌されます。

普段あまり気にすることがないかもしれませんが、唾液には
①口腔粘膜や歯を滑らかに潤して保護する
②会話や食事などの機能性を高める
③食事に水分を与え、咀嚼(そしゃく)しやすいようにする
④食物を飲み込みやすい形にする「食塊形成」
⑤食物の栄養素の吸収や味覚に関与する
⑥口腔内の清掃や抗菌物質で健康を守る
⑦入れ歯を安定させる―などの役目があります。

唾液の分泌量が少なくなると、口腔内に細菌が繁殖しやすくなり、口臭の原因になるなど、お口のトラブルを引き起こすと言われています。
最近、
①以前よりも水をよく飲むようになった
②口の中がネバネバする
③乾いた食品が食べにくい
④食べ物が飲み込みにくい
⑤夜中に喉の渇きで目が覚める
⑥今までと味(味覚)が違う
⑦口臭が気になる、または指摘される
⑧入れ歯で口の中が傷つきやすい
⑨カプセル剤や錠剤が飲み込みづらい―などの症状が見られたら要注意です(*_*)
「ドライマウス(口腔内乾燥症)」の可能性が高くなります。
気になる方がいましたらお気軽にご相談下さい

うがい薬

うがい薬は当院では抜歯後に処方します。

傷などのお口の中の炎症をおさえたり、感染予防、消毒に使われます。


うがい薬の効果☆
・のどや口腔内の炎症
・抜歯創を含む口腔創傷の感染予防や消毒
・かぜ等の感染予防

うがい薬のよくある質問
①歯が着色する??
答 薄め方や用法容量を従って使用すれば心配はありません。

②うがい薬を飲んでしまった大丈夫??
答 薄めた液を飲んだぐらいなら問題はないです。


コロナウイルスも流行っていますしうがい薬を使用しましょう(^^♪



歯磨きで出血するのはなぜ??


こんにちは(^^)/

歯磨きをすると出血してしまう、、
そんな経験はないですか??

歯磨きで出血してしまう多くの理由は、
歯周病が関与しています。

歯周病という言葉をよく耳にすると思いますが、
歯と歯ぐきの間に、歯周ポケットと呼ばれる溝があり、
その溝に汚れが溜まったままになってしまって
歯ぐきが炎症を起こしている状態をいいます。

よって、歯磨きなどで歯ぐきを刺激するだけで出血する
といったことが起こってきます。

出血するからといって、
歯磨きをおろそかにしていませんか??
自宅での口腔ケアを改善するだけで歯周病の進行を防ぐことができます。

当院では、ブラッシング指導も行っていますので
このような症状でお困りの方は
ぜひ当院へお問い合わせください。

暖かくなってきました♪



皆さんこんにちは!
暖かくなってきましたね♪
早いように感じますが桜も咲いてきて
お花見やピクニックなど外でのイベントも気持ちのいい季節になってきました。
季節の変わり目ですので風邪、体調管理に気をつけたいところです!

こういった季節の変わり目や、
お仕事の忙しさによって免疫力が下がることで
歯周病が悪化することはまれではありません。
しっかり食事、睡眠をとり、体を休めてあげることも大切ですよ♪


歯に関する雑学

こんにちは!
今日は歯に関する雑学を紹介したいと思います!!

みなさんはなぜ親知らずという名前がついたのかご存じですか??
私はついこの間知りましたのでみなさんにも知っていただきたいです(^▽^)/

親知らずは20歳前後で生えてくる歯のため、平均寿命が40歳前後だった
昔の人たちは、自分の子供の親知らずが生えてくるまえに亡くなってしまって
この歯を見ることが出来ない、というのが親知らずの名前の由来だ
と言われているそうです!

私はこの話を聞いてなるほど~と思いました初めて聞く話だったので
とても興味深かったです(*'ω'*)
またこのような雑学を聞いたらみなさんに共有していきたいと思います♬

正しい手洗い方法について


おはようございます!
最近はコロナウイルスのニュースがたくさん取り上げられていますよね((+_+))
私たちも感染しないように気をつけたいものです…。

さて、コロナウイルスには手指消毒用アルコールが有益とのことで、最近ではアルコールがドラックストアやスーパーで品切れ状態となっておりますが、今回はアルコール消毒をより効果的にするための、その前に行う手洗いについて説明します(^^)/

まず手を洗うタイミングとしては

〇料理前や食事前
〇登校、出社後
〇外から帰ってきたあと
〇咳や鼻をかんだ後

等があげられます!
そのほかにもこまめに手洗いをすることが好ましいです。

では、手洗いの流れです。

①手を水でぬらす
②ハンドソープや石鹸を泡立てる
③手のひらでこすり合わせる
④爪、それぞれの指をこすって洗う
⑤指の間も洗う
⑥手の甲も洗う
⑦最後に手首も洗う
⑧水で洗い流す

手洗いが終わった後は清潔なハンカチやタオルで水気をふき取りましょう♪
そのあとは手指消毒用のアルコールを手洗いと同じような流れで擦りこませると効果的です!

当院もスタッフ全員で手洗い、うがい、消毒を徹底していきます(*'ω'*)





歯石は「細菌の化石」のようなもの?

歯石や歯垢(プラーク)ってよく耳にしますよね。
歯石は、歯の表面にできたプラーク(細菌のかたまり)が唾液中のミネラル分とくっついて石のようになった(石灰化した)ものです。いわゆる<細菌の化石>みたいなものです。
歯垢(プラーク)は細菌が歯も表面に付着・増殖したもの。歯石はこれが石のように硬くなってしまったものなので、歯ブラシでは落とせなくなります。
歯石自体はプラークのように酸や毒素を出すということはないのですが、表面が荒れているため、細菌が付着・増殖しやすく、その菌が歯周病や口臭などの原因になりやすいのです。歯磨きで歯石についている細菌を取るというのは出来ないので、歯石ごと取る必要があります。
ただ歯石は取り切れなかったプラークが2日ほどかけて硬くなったものなので、歯ブラシが普段当たっていないところにできます。そのため本人からは見えにくかったり、手が届きにくいところに出来るので、ご自身で歯石を取るのはかなり難しいです。ご自身で無理やり行うのは、歯や歯茎を傷つけてしまう可能性があるので気を付けてくださいね(*_*)

一度ついてしまうと面倒な歯石ですが、プラークさえしっかり除去できていれば怖がることはありません!
前述の通り、プラークが歯石になるまで2日ほどかかるのです。プラークの状態であれば「細菌のかたまり」なのでまだ柔らかく、歯ブラシやフロスなどでお掃除できれば簡単に取ることが出来ます。
つまり!歯石になる前=プラークのうちに除去することで歯石は予防できるのです°˖✧◝(⁰▿⁰)◜✧˖°
2日の猶予があると考えると、なんだか出来そうな気がしてきませんか?(笑)
毎食後するのが理想ですが、フロスを1日1回でもするのとしないのとでは大きく変わってきます。
ぜひ一緒に頑張ってみましょう✊

フロスとは


みなさんこんにちは。
今日は、フロスについてお話します。

家での口腔ケアで、
歯ブラシを用いて口腔ケアをされる方がほとんどだと思います。
しかし、歯ブラシだけでは行き届きにくい、
歯周ポケットと呼ばれる歯と歯ぐきの間の溝、のケアは
歯ブラシでは行き届きにくく
汚れを取り除くことが難しいのです。

虫歯や歯周病の原因は、主にプラークと言われています。
歯と歯の間は好発部位とも言われています。
ここで活用すべきなのが、デンタルフロスなのです。

フロスの使用法がわからないかた、
当院でも指導させていただきますので
ぜひお問い合わせください(^^)/


<<前のページへ12345678910

100件以降の記事はアーカイブからご覧いただけます。

このページのトップへ