HOME > 患者様の声 > 3ページ目

患者様の声 3ページ目

お休みについて


こんにちは、寒くなってきましたね(^^)
体調を崩していませんか?
風邪が流行っているようなので
お出かけをしたら手洗いうがいをしっかりしていきたいですね!

さて、今日は当院のお休み事情についてお話します♪
当院はお休みを不定休としていただいており、
場合によっては午前中のみお休みや夜のみお休みなど
他院様とは少し違った形でのお休みもございます。
また、営業時間に関しましては、
できるだけ長く院を開けていこうということで
朝は8時から、お昼休憩を設けておらず、最終受付を20時としております。

歯医者さんのお休みの多い曜日にも診療を行っておりますので
突然歯が痛くなった、腫れてきた、転んで歯が折れてしまった、など...
予期せぬトラブルの際にも患者様の受け入れをしやすい体制が整っています!
何かお困りごとがある際は、ぜひご連絡いただきその旨をお伝えください(^^)


デンタルフロスの必要性について


みなさん、こんにちは。

いきなりですが、デンタルフロスをご存じですか??
一般的に、糸ようじとも呼ばれています。

今日は、デンタルフロスの必要性についてお話したいと思います。

ご自宅での口腔ケアで、歯ブラシを用いてされる方がほとんどだと思います。
しかし、歯ブラシでブラッシングしただけでは、
歯と歯の間は十分に磨くことが出来ず、プラーク(歯垢)や食べかすが残ってしまいます。

虫歯や歯周病の原因は、主にプラークと言われており、
この、歯と歯の間が好発部位と言われてます。

ここで、歯と歯の間を清掃するのに用いられているのがデンタルフロスです。
デンタルフロスとは、歯と歯の間を清掃する細い糸のことです。

当院では、デンタルフロスの使用法の指導も行っています。
ぜひお気軽にお声かけください (^^)/

クリーニングとホワイトニングの違い



今回はクリーニングとホワイトニングの違いをご紹介します!

簡単に言うと、
クリーニングがお口のお掃除なら
ホワイトニングは漂白です。

クリーニングでは主にセルフケアで落とせない歯石や
歯の表面についたステイン(着色汚れ)を
綺麗にしてくれるものです。

ホワイトニングでは歯に染み込んでいる色素を分解して
漂白するものです。
なので、ホワイトニングは歯の表面にある
エナメル質を漂白することで
歯の自然な透明感や明るさを増すことができるんです!!


当院ではホワイトニング治療として約80分前後お時間をいただき、
クリーニングとホワイトニングをさせていただいてます
料金もホワイトニング¥4,980(別途クリーニング代あり)と
初めての方にもおすすめです☆★☆

ぜひ、ご来院お待ちしております!(*^_^*)

歯周病菌

先日患者様に
「虫歯菌がうつると聞いたので、 子供と同じお箸を使わないように気を付けてるのですが、
同じよう歯周病菌も子供にうつりますか?」 と聞かれました。

歯周病菌も人から人へ感染しますが、
感染年齢はだいたい18歳以降と言われているので
お子様に感染する事ほとんどないですよ。とお答えしました。

ただ歯周病菌もうつるので、
家族やパートナーとの感染に注意することも必要です。

虫歯になりにくい子供に

こんにちは!

みなさんは、虫歯になりにくい環境をつくるにはどうしたらいいかご存知でしょうか?
実は、本当の虫歯予防は妊娠中から始める必要があります。

お口の中の虫歯菌の数やバランスは、1歳7ヶ月から2歳3ヶ月の間に決まります。
それを歯科では「感染の窓」と言うほど重要な時期で、その期間中に感染しなければ虫歯になるリスクを低くすることができると言われています。

最近のお母さん方はとても意識されている方が多く、食べ移しをしないように気を付けていたり、食器の共有をしないようにしたりと、とても努力されている方が多くおられるように感じます。

もちろん、気を付けていただくことは重要ですが、同じくらいお母さんをはじめ周りの保育者のお口の中の環境が良く、菌数が少ないことも重要です。

まわりの保育者の菌保有数が少ないことで、産まれてくる赤ちゃんにも感染しにくく、もしも感染したとしてもリスクを低く留めることができます。

ご家族全員で歯科医院へ定期的にクリーニングに行くように心がけましょう。




歯磨きを嫌がる子供への対応

こんにちは!
今日は歯磨きを嫌がる子供への対応について紹介していきます

まず子供が歯磨きを嫌がる理由として
①歯磨きをする時に痛みがある
②親が怒りながら歯磨きをする
③親が押さえつけて歯磨きをする
④眠いのに歯磨きを無理やりさせられる
などが考えられます。

対応について
・歌いながら歯磨きを行い楽しいと認識してもらうこともいいでしょう
・大好きなぬいぐるみを活用して歯磨きへ誘う
・教育番組の歯磨きコーナーなどを一緒に見る
・無理強いするのではなく、歯磨きの途中や、キチンと歯磨きを
出来た場合には大いにホメて嬉しい気分にしてあげる、などをされてみてはいかがでしょうかwink

この紹介をみていただいて歯磨きが嫌いなお子さんが少しでも少なくなると嬉しいです
是非実践してみてください♪

当院は小さいお子様の治療なども受け入れていますので
困ったことや虫歯ができた相談したいとのことでしたら
いつでも来院してみてください(*^_^*)

表情筋

こんにちは!
突然ですが、みなさんはほうれい線が気になることはありませんか?
ほうれい線ができるのは、「コラーゲン、エラスチンの減少」と「表情筋の衰え」の2つが大きな原因と言われています。
表情筋を鍛えることがとても重要になってきます。

そこでみなさん、ご自身が表情筋をしっかり使えているか、簡単にチェックしてみましょう。
「困った顔」と「怒った顔」、それぞれ違う表情ができますか?

最近は、表情筋が発達していないお子様がたくさんいます。
表情筋が発達していないと、たくさん寝ているのに目の下にクマがあったり、無表情が多くなったりすることがあります。

大人の方は、ほうれい線や顎の下のたるみの原因になります。

お子様が表情豊かになるように、そして大人の方は少しでも若さを維持できるように表情筋をきたえていきましょう。

雨の日の歯痛

本日は雨の日になぜ歯痛が起こるのかについてお話したいと思います。

時々起こる雨の日に歯が痛くなるのは、気圧が影響していると言われています。

歯の中には神経が通っている空洞、歯髄腔があり、
鼻の両サイドには上顎洞と呼ばれる空洞があります。

それらの空洞は、台風や雨などにより外の気圧が下がってしまうと、急激な変化に対応できず
圧がかかり、一時的に歯痛が起こります。

こういった歯痛は虫歯で神経が過敏になっていたり、根っこが傷んでいたり、もしくは治療途中の歯に起こりやすいそうですeye

雨が降っていると、頭痛や肩こりなどがでてきやすいですよね。
歯の痛みもでやすくなります。

また歯はとても敏感なので天気の急な変化にも反応します。

急な歯の痛みに対して普段から定期的に検診をしたり、虫歯治療をしたりなど
健康な歯を保っていきましょうsmile


歯を守るための子供のおやつ

虫歯を防ぐ「おやつ」の食べ方のポイントが4つあります。
子供はおやつが大好きなので食べたくてしかたないと思いますが
食べる際この4つのポイントを守っていただきたいです!!

①だらだらおやつを食べない「いただきます」「ごちそうさま」を大切に。
②ご家族と一緒に食べましょう。食べ終わったらお片付けも!
③食後に飲むのは、水やお茶など糖分を含まない飲料に
角砂糖の入っている飲料を例にあげてみました。
コーラー角砂糖15個分・オレンジジュース角砂糖12個分・ヤクルト角砂糖2個分・お茶、水角砂糖0個
④食後はぶくぶくうがいで口の中をキレイに!!

虫歯の原因は、歯の汚れによる酸で歯が溶かされること。
歯を守る「おやつ」の選び方のポイントは3つです。

①砂糖の含有量が少ないもの
②食べ終えるのが早いもの(口の中に長くとどまらない)
③歯に付着しにくいもの
意外とおすすめのおやつ
プリン、ゼリー、アイス(アイスはチョコチップなど入っていないシンプルなものがよい)

小さい頃から虫歯が出来てしまうのは誰もが嫌なのでできるだけ心がけて
おやつを食べていきましょうconfident


歯の本数



こんにちは!

さてお口の中には歯は何本あるのでしょうか?

答えは乳歯は20本、永久歯は28~32本です。
乳歯は生後4~6ヶ月頃から下の前歯から生え始め、3歳頃には全て生え揃い全部で20本になります。

永久歯は6歳頃から生え始めます。
早い子は小学生、遅くても中学を卒業するまでには乳歯は全てなくなり永久歯になります!

永久歯は全て生えそろうと32本になります。

年を取るにつれて歯の本数は少なくなっていきます。

歯が少なくならないためには予防が大切です!!
・歯磨きは毎食後に
・よく噛んで食べましょう
・定期検診へ行きましょう

より豊かな生活を送るためお口の中は健康に保ちましょう!


<<前のページへ12345678910

100件以降の記事はアーカイブからご覧いただけます。

このページのトップへ