HOME > 患者様の声 > 2ページ目

患者様の声 2ページ目

お子様の口腔ケアについて



こんにちは!
今回はお子様の口腔ケアについてお話します。

まず、乳歯は6~7ヶ月頃から生え始めます。
1歳半頃に乳歯の奥歯が生え始め、このころから奥歯を使って噛めるようになります。
だいたい2歳半ごろにすべての乳歯が生えそろいます。

この時期に歯磨きの習慣をつけること+歯科での予防ケアが大切になります。
はじめは歯ブラシに慣れてもらうこと、興味をもってもらうことからスタートしていきましょう!
慣れてきたら、機嫌の良い時間帯等にしっかり磨きましょう。


毎回にブラッシングを頑張ろうとせず、お子様の反応を見て行ってみてください。

乳歯は永久歯と違い、柔らかいため、虫歯になりやすく進行も早いため定期的なフッ素塗布は歯質を強化するためにも効果的と言われています。

乳歯のうちから虫歯を作らないようにセルフケア、歯科医院でのフッ素塗布をしていきましょう(*'ω'*)






雨の日

こんにちは!最近、寒さが厳しくなってきましたね。とくに、雨の日は寒い中傘をささないといけないのが億劫な季節になりました。
今回は雨に関連したお話をしたいと思います。

みなさんは、雨の日に頭が痛くなることはありますか?
雨の日に頭痛がするという話はよく聞きますが、実は雨の日に歯が痛くなるという方もよくおられます。
これは、気圧性歯痛とよばれ生理学的にも説明されています。

なぜ、この気圧性歯痛がおこるかというと
例えば高い山に登ったら、スナック菓子の袋がパンパンに膨れているのを見たことがある人もいると思います。
これは袋の中の空洞の気圧に対して、外の空気が低気圧となるため、中の空気が膨張して起こるのですが、これが歯にも起こります。

歯の中には歯髄腔とよばれる、神経のはいった空洞があります。
雨などで急な気圧の変化が起きると、歯の中の空洞と外の空気との気圧差によって、歯髄腔の中の空気が膨張します。この気圧差によって、神経が刺激されて痛みがでます。

この痛みは、放置した虫歯のある人や、治療後で刺激されて神経が過敏になっている人に起こりやすくなっています。

また通常の雨の日だと、急に気圧が下がらないでやすいため痛みはでにくいのですが、飛行機や台風は急激に気圧の低下がおこるため痛みがでやすくなっています。

検診を定期的に受け、気圧性歯痛にならないように日頃から予防を心がけましょう!

2019年内に...


こんにちは!(^^)!
11月も後半に入り、2019年も残すところ僅かですね!
少し気が早いですが、新しい年に入る前に
お口の中も綺麗にして新年を迎えたくないですか☺??

クリーニングやホワイトニングはもちろん、
少しでもお痛みや気になる歯がある場合
早めのご来院をおすすめします☆
もしも歯の神経まで虫歯が拡がっている場合、
根っこの治療をしなければなりません。
根っこの治療につきましては一度の治療では完治することはできず、
何度かご来院いただき、治療をしていかなければいけないのです…
少し回数がかかる治療ですので、
早めの対策、治療をして健康な歯を目指しましょう(^_-)-☆

銀歯を白い歯に変えたい!!


過去に、虫歯治療をされ、現在銀歯が口腔内に入っている方で

出来れば白い歯に変えたいという方!!
白い歯にしたかったけど、当時多額な費用がかかると言われた方!!
自分の口の中がはっきり見えず、何が入っているか分からない方!!

歯科医療は時代が進むにつれて進化しています。

当時は銀歯にするしか選択肢がなく、
白い歯に出来ず、苦渋の選択をされた方含め
どんな小さなことでも気軽に是非ご相談ください(^^)/

当院では、虫歯治療をし、歯を作っていくにあたり、
患者様のニーズにお応えできるようにさまざまな選択肢を用意し、
よりベストな治療法、かぶせ物を一緒に考え決定しています。

審美性にこだわる方もいれば、強度を求める方もいらっしゃいます。
気になることがあれば、是非当院へお問い合わせください(^^)/

予防接種と歯科治療

こんにちは!
11月ですのでそろそろインフルエンザの予防接種の季節になってきました。

歯科治療の途中にインフルエンザの予防接種に行ってもいいのか、というご質問がありました❢
お薬を服用していなければ問題ありません。
もし当日に服用した場合は、内科の先生に伝えてみて下さいね❢

抜歯をされる方も、予防接種のガイドラインに
予防接種と抜歯との関係の記載はありませんので安心してくださいね。
気になる方は、前後2~3日程度あけてみてください❢

歯周病と糖尿病

皆さん、歯周病と糖尿病は関係していることをご存知ですか??

歯茎には緻密な血管網があり、歯周病によって、小さな刺激でも出血してしまうほど進行すると、
血糖値を上げるホルモンや炎症性サイトカインなどが全身に回ります。
そして血糖値が上昇し、糖尿病を悪化させてしまうのです。

糖尿病や歯周病を放置することにより、炎症が悪化する可能性がありますdanger

また歯周病治療により糖尿病の改善効果もみられると言われています。

歯の健康を保つことは、糖尿病や歯周病の予防に繋がると思います。
定期的に歯医者に行き、口腔内のケアをしていきましょうsign05

かまぼこと歯型??

みなさんこんにちは!
突然ですがみなさんは歯医者で歯の型取りをしたことはありませんか?
おくちの中に粘土みたいなものをいれ自分の歯の形をとりそれから被せ物を作っていくのですが
型取りを好きな方はとても少ないと思います!

みなさんはかまぼこを好きですか?日本人のかたなら
基本好きな方が多いとおもいます。じつはこの歯の型取りとかまぼこには少し共通点があるのですwobbly

歯の型をとることを「印象を取る」といい、また型を取る材料のことを「印象材」といいます。
現在歯科医療で最も使われている印象材はかまぼこに使われているのと同じアルギニン酸を
主成分としております。
型を取るときは、息がしにくいなど不快感があるかもしれませんが
そんなときには「これはかまぼこと同じ材料か」と思ってください
きっと少しは楽ななると思いますnote

歯周病チェック


歯を失う原因は「虫歯」だと思われがちですが、
実はその多くは「歯周病」が原因なんです」!!!

虫歯は歯そのものが壊されていく病気であるのに対し、
歯周病は歯を支えている組織が壊されていく病気です。

【歯周病セルフチェック】
1.歯を磨くと出血がある
2.朝起きたとき口の中がネバネバする
3.口臭が気になる
4.歯茎の下がりが気になる
5.歯間に食べカスがよくつまる

ご自身でも、しっかりと歯と歯ぐきのすきまにある
歯周ポケットを気にしながら日々の歯周病ケアに
少し気を遣ってみてください!

もし、上記の症状や他に気になることがあれば
ぜひ一度検診やクリーニングへ当院に一度ご来院ください(^^)/

ポッキーの日!!



こんにちは!

秋も終盤、肌寒い日々が続いてますね。
そろそろインフルエンザも怖い時期、体調には気を付けてください(+_+)


さて、今日は11月11日、ポッキーの日です!!!!

ポッキー、プリッツ、トッポをたくさん食べて
ポッキーの日を満喫しましょう(*'▽')♬

もちろん、お菓子を食べた後は
歯磨きを忘れずにしましょう( ..)φメモメモ






歯の色、白さについて

みなさんこんにちは!
突然ですが皆さんは自分の歯の色を気にしたことがありませんか??
今日は歯の色、白さについてお話したいと思います。

歯の表面にはエナメル質、その下に象牙質、象牙質の中に歯髄があります。

歯の色には、エナメル質の色、透明感、厚さ、象牙質の色
喫煙、飲食物など歯に付着した汚れ、虫歯などが関係しています。

欧米人に比べ日本人の歯はエナメル質が薄いため、黄色味を帯びている傾向があります。
白くするためにはホワイトニングなどの方法もありますが
それ以上に日々の歯磨きや定期的な歯科受診も重要です!!

綺麗な歯を保つためには、定期的に歯科を受診して
歯の汚れを除去し、日々の歯磨き方法が適切か
または虫歯や歯周病がないかをチェックしましょう♪

当院はホワイトニング、クリーニング、定期検診も行っておりますので
少しでも歯のお色味が気になったり虫歯が出来ていないか心配でしたら
是非当院にお越しくださいhappy02


<<前のページへ12345678910

100件以降の記事はアーカイブからご覧いただけます。

このページのトップへ