HOME > 患者様の声 > 10ページ目

患者様の声 10ページ目

マウスピース(ナイトガード)について




こんにちは!
朝夕の寒暖差で皆様お風邪など引いおりませんか?


さて、今回はマウスピースについてお話します。



マウスピースは、スポーツ用や矯正用、歯ぎしりや顎関節症のため…
など、用途は色々ありますが、

今日は歯ぎしりをする方のための
マウスピース(ナイトガード)についてお話したいと思います!



歯ぎしりとは、咬合の習癖の一つで、歯を強くこすり合わせて
断続音を出すものです。

睡眠中にみられる特有のきしり音を生ずるタイプは、
一般に眠りの浅い時に多いと言われています!

歯ぎしり用マウスピースは、主に寝ている間に歯ぎしりによる
歯へのダメージを減らすためのマウスピースです。

しかし、実は歯ぎしりだけでなく、
多くの効果があるのです!!




〇顎の関節に加わる力を和らげ、顎の痛みを軽減する効果があります!

〇歯の擦り減りが起こり、歯が短くなったり、場合によっては歯の神経が出てきてしまうことがあります。
歯ぎしりが強い方は歯に強い力が加わり続け、割れてしまうことがあります。
マウスピースは、歯に加わる力を分散するので、歯の擦り減りや、割れるのを防ぐ効果があります!



などなど………




使い始めは違和感が大きく、慣れるまでが大変な場合もありますが、
使い続けることで効果を実感でき、安心感につながります!!


毎日使っている歯や顎をしっかり守るために
マウスピースはとても重要なものなのです!


ドクター、衛生士から必要と診断された場合は
必ず着用するようにしてくださいね(*^-^*)










保険内の白い詰め物


こんにちは!
突然ですが、白い詰め物や被せ物は
セラミックなどの保険外の物だけだと思っていませんか?

実は、保険内でも白い詰め物のおつくりがあるんです!
ただし場所や形などの条件によってできる場合とできない場合があります。
詰め物のお色でお悩みの方は是非ご相談下さい!
もちろん素材によるメリットやデメリットもありますので
分かりやすくご説明いたします(^^)

歯の白さを保つには

今日は歯の白さを保つためのポイントをお話します!

・ステインを含む飲食の後には口をゆすぐ
(コーヒーやお茶のほか、赤ワインやチョコレート、ココア、煙草などがよく知られていますが、バナナや大豆製品など、一見意外なものにもステインの原因になりやすい物質が含まれています)
・歯の表面を傷つけるようなことは避ける (歯磨きをするときにゴシゴシと強く行わない、など)
・虫歯など、外部からの着色以外の歯の色の変化にも注意する
・汚れを除去したり、歯の漂白をするアイテムや施術なども利用する

歯の表面を傷つけないように注意することも大事ですが、汚れを除去するためには研磨剤入りの歯磨き粉が有効な場合もあります。
生活習慣や歯の状況に合わせて、上手に取り入れることがポイントです。

また、常に自分の歯は見ているので、歯に着色がついても気付きにくいことが多く、定期的に歯科医院へ検診に行くこともおすすめです。
定期検診は自覚症状の出にくい初期の虫歯なども発見しやすく、健康面からみてもとても大切です。

アクセスについて★


こんにちは。
今日は、当院までの交通アクセスについてご説明します!(^^)!

・電車をご利用の方
 JR「三ノ宮駅」西口改札から徒歩5分
 阪急電車「神戸三宮駅」西口改札、東口改札から徒歩5分
 阪神電車「神戸三宮駅」西口改札から徒歩10分

・車をご利用の方
 阪神高速3号神戸線、「京橋」出口、または「生田川」出口

お近くまでお越しになられて道に迷われた際は、気軽にご連絡ください♪

入れ歯の手入れ

こんにちは
今日は入れ歯のお手入れについて書かせていただきます!
入れ歯を長い間入れ続けておくのは良くありません
不潔なだけではなく、粘膜に強い炎症を起こすこともあります。
嫌な臭いが出たり、粘膜が赤くただれるのは、汚れが原因でばい菌の
繁殖やかびの発生が起こるからです。
歯が全部ない顎に入れる入れ歯を総義歯、歯のない部分だけに入れる歯を
局部義歯といいます。
この局部義歯の場合十分にお手入れをしないと他の歯に悪影響を
及ぼすだけではなく、貴重な時間と費用をかけて作った義歯そのものを
ダメにしてしまいます。

食事の後は、義歯をはずしブラシでよく洗いましょう。
その際、人工の歯の部分、バネの部分、歯ぐきにあたる内側の部分と
いうように念入りに汚れを落としていきましょう。
ですが歯磨き粉をつけたり、力任せにゴシゴシすると、入れ歯が
減って変形するので注意が必要です。
歯が残っている場合、バネがかかっている歯の周囲が汚れやすく
虫歯になることが多いので、しっかりと汚れを落としていきましょう。
夜、はずしておやすみになられる場合は、専用の用器を用意し、はずした
入れ歯を水に浸しておくとよいでしょう。

義歯は大切な体の一部分です。
義歯の定期点検(かみ合わせ、ゆるみ、バネのちから等)を受け
きっちりお手入れをして大切に使っていきましょう!(^^)!



暑くなってきました


こんにちは(^^)
だんだん暑くなってきましたが、そろそろ熱中症対策が必要な時期になりますね!
室内での熱中症対策はされていますか?

熱中症発生の要因は
〇環境
・湿度
・風がない
・冷房機能不使用
〇主体
・健康状態
・体調、疲労の状態
・睡眠不足
・暑さへの慣れ
・衣類の状況
などと言われています。

ではどのように予防をしていけばいいのでしょう?(・・)
例えば・・・
・エアコン、扇風機を上手に利用
・部屋の温度を測る
・部屋の風通しを良くする
・こまめに水分補給
・涼しい服にする
などです!

普段からこまめに気を付けることで暑さから身を守れるように心がけましょう(^^)

患者様の声


こんにちは(^^)
今日は患者様のお声をご紹介いたします。

先日ご来院頂いた患者様に
大好きなおせんべいを思い切り噛めるようになりました!
ありがとうございます!
という嬉しいお声をいただきました(^^)

お食事を楽しんでいただくため、
患者様の歯を守るためのお手伝いをさせて頂ければと考えております!
定期健診、クリーニング、虫歯のチェックもご希望の方は是非ご予約下さい!

痛いのが苦手

先日、痛みが少ない治療を行っている、という当院のHPの記事をみてご来院された患者様が来られました。
以前まで通っていた歯医者では、治療中に痛みがあった時、手を挙げても「もう終わりますので~」と、言われ、手を止めてくれなかったそうです

虫歯は人から人にうつるの?

患者様から「虫歯って人にうつります?」という質問がありました。

今回は虫歯が人から人へうつるのかについてお話したいと思います。

キスをした事でパートナーの虫歯菌が移行し、虫歯を発症する可能性は低いと言われています。
虫歯菌などを含んだ常在菌がいることで、より病原性の高い菌が侵入するのを防ぐ働きもあるため、
うつりにくいと考えられています。
ですが、親から子へもうつらないのかというと、そうではないようです。
赤ちゃんの口の中はほぼ無菌状態ですが、菌がはえてくるにつれて虫歯菌を含めた様々な細菌が棲み始めていきます。
もしも幼い頃に虫歯がある、あったならば、育児に深く関わった人、親からの影響が最も強いと考えられています。
しかし、大人になっていくと口腔内の菌叢(バイオフィルム)が安定していくため、うつりにくくなります。

どうしても人に虫歯がうつる事をきにしてしまうという方paper
歯磨きの徹底や甘いものの飲み食いをやめてみるなど、通常の虫歯予防を行いましょう。
また、口うつしで赤ちゃんに食べ物を与えるようなことを避けるなど、
親子共に虫歯予防を実践することも大切です。

当院では、虫歯予防、口腔ケアなど、患者様の口腔内健康維持ができるよう常に提供しています。
ぜひ、一度当院に来てくださいねeye

虫歯は人から人にうつるの?の続きを読む

歯の正しい磨き方

今日は歯の正しい磨き方について説明いたします。

歯磨きの方法
「歯と歯の間」「歯と歯肉のさかいめ」「かみ合わせ面」は
プラークが付きやすい所です。
これらの部位に歯ブラシの毛先が届くように意識して
磨いていきましょう。
歯を磨く順番を決めることで、磨き忘れを防ぎ
全て均等に磨くことができます(^o^)/
また、歯と歯の間の歯垢は歯間ブラシやデンタルフロスを
使うと歯垢を除去することが出来るので活用しましょう。

歯ブラシの当て方、動かし方、力加減を
意識しましょう


歯磨きには「毛先の当て方」磨く時の「力加減」「動かし方」の
3つのポイントがあります。
このポイントを意識していきましょう。
またプラークは粘着性が高いので1か所20回以上
磨くようにしましょう!!

口の状態に合わせて工夫して磨いていきます

前歯の裏側は歯がカーブしているので歯ブラシを横から当てるだけでは
歯に当たらない部分がでてきますので、歯ブラシのつま先やかかとを縦に当てて
上手に磨いていましょう!

かみ合わせの部分は奥から前に動かしていきます

歯と歯肉の境目はこの境目に45度の角度で当て細かく
前後に動かしましょう!

磨けているようで磨けていない歯を少しでも
減らして綺麗な歯にしましょう☆




<<前のページへ12345678910

100件以降の記事はアーカイブからご覧いただけます。

このページのトップへ