HOME > 患者様の声 > 歯肉炎と歯周炎

患者様の声

< Prev  |  一覧へ戻る  |  Next >

歯肉炎と歯周炎

みなさんこんにちは(^^)/
今日は、近年よくコマーシャルなどで耳にする歯肉炎と歯周炎の
ちがいについてのお話です(*^^)

今や成人の8割はかかっているといわれている歯周病ですが、
大きく分けると二つの状態があることをご存じでしょうか

一つ目は「歯肉炎」です
歯肉炎とは歯の周囲にある歯ぐきだけが腫れている
比較的軽度な炎症のことです
この状態であれば大概の場合、
原因となっている歯垢と歯石を除去し、
丁寧なブラッシングをすれば治ります。
しかし、この歯肉炎を放置したままにすると
症状が悪化し、次のステップである「歯周炎」になってしまいます

「歯周炎」とは、
歯肉炎が悪化し、歯を支える骨にまで腫れが広がっている、
重度な炎症のことです。この状態では、
骨の一部が失われている可能性があり、
元の状態に戻すことは大変難しくなります。

このように歯を失う可能性のある歯周病ですが、
軽度の状態であればまだ、元に戻る可能性があることがわかります(^^)

歯茎の腫れや痛みが気になるかたは
ぜひ一度定期検診を受けていただくことをおすすめしています(^^)


< Prev  |  一覧へ戻る  |  Next >

このページのトップへ