HOME > 患者様の声 > 歯ぎしりが与える歯へのダメージ

患者様の声

< Prev  |  一覧へ戻る  |  Next >

歯ぎしりが与える歯へのダメージ

こんにちは(^▽^)/
今日は歯ぎしりが与える歯へのダメージについてのお話です!(^^)

まず、歯ぎしりとは無意識のうちに食いしばったり、
歯をこすりあわせたりしてしまうなど、上下の歯が強く接触している
状態を歯ぎしりと言います

歯ぎしりによって詰め物がかけたり、すり減ったり、
さらに歯に強い力が加わると、歯が割れたりすることもあります。
また、健康な歯であっても歯ぎしりによって歯が揺れたりすることもあり
歯を失う原因になることも多いのです!
そのほか歯周病の悪化や顎関節症になってしまう....
など、ダメージと悪影響がたくさんあるのです((+_+))

歯ぎしりを対策すには歯科医院でマウスピース(ナイトガード)を作ったり
歯ぎしりの原因を見つけて対処していくことが挙げられます(^^

みなさんも歯ぎしりをしていたり、きになったことがあれば
ぜひ一度ご相談ください☆



< Prev  |  一覧へ戻る  |  Next >

このページのトップへ