HOME > 患者様の声 > 歯垢って?

患者様の声

< Prev  |  一覧へ戻る  |  Next >

歯垢って?

皆様こんにちは(^▽^)/
今日は、歯磨き粉のCMなどでもよく耳にする「歯垢」
とはなにかについてお話していきます

歯の表面を指で触った時にネバネバしたものが付くことがありますが、
このネバネバが歯垢のことで、別名「プラーク」とも呼ばれています。


食後およそ4~8時間ほどでこの歯垢が作られてしまうため、
毎食後の歯みがきが大切です。

歯垢は細菌の塊で、1gあたり1000億個以上の細菌が詰まっていると言われています。
これを放っておくと菌の作った酸が歯の表面のエナメル質を溶かしてむし歯を発生させてしまうことがある、
とても危険な歯の汚れなのです!((+_+))

そのため!毎日の歯磨きがとても大切です
歯垢は目に見える汚れなので、しっかり歯ブラシでとりきって、
虫歯予防をしていきましょう☆('◇')ゞ

< Prev  |  一覧へ戻る  |  Next >

このページのトップへ