HOME > 患者様の声 > 雨の日

患者様の声

< Prev  |  一覧へ戻る  |  Next >

雨の日

こんにちは!最近、寒さが厳しくなってきましたね。とくに、雨の日は寒い中傘をささないといけないのが億劫な季節になりました。
今回は雨に関連したお話をしたいと思います。

みなさんは、雨の日に頭が痛くなることはありますか?
雨の日に頭痛がするという話はよく聞きますが、実は雨の日に歯が痛くなるという方もよくおられます。
これは、気圧性歯痛とよばれ生理学的にも説明されています。

なぜ、この気圧性歯痛がおこるかというと
例えば高い山に登ったら、スナック菓子の袋がパンパンに膨れているのを見たことがある人もいると思います。
これは袋の中の空洞の気圧に対して、外の空気が低気圧となるため、中の空気が膨張して起こるのですが、これが歯にも起こります。

歯の中には歯髄腔とよばれる、神経のはいった空洞があります。
雨などで急な気圧の変化が起きると、歯の中の空洞と外の空気との気圧差によって、歯髄腔の中の空気が膨張します。この気圧差によって、神経が刺激されて痛みがでます。

この痛みは、放置した虫歯のある人や、治療後で刺激されて神経が過敏になっている人に起こりやすくなっています。

また通常の雨の日だと、急に気圧が下がらないでやすいため痛みはでにくいのですが、飛行機や台風は急激に気圧の低下がおこるため痛みがでやすくなっています。

検診を定期的に受け、気圧性歯痛にならないように日頃から予防を心がけましょう!

< Prev  |  一覧へ戻る  |  Next >

このページのトップへ