HOME > 患者様の声 > アーカイブ > 2019年4月

患者様の声 2019年4月

歯磨きでインフルエンザ予防も?!

最近では、お口の中をキレイに保つことで高齢者の誤嚥性肺炎(ごえんせいはいえん)を予防したり、インフルエンザなどの感染症の重症化を防ぐことが出来るとも言われています。

インフルエンザの予防としては、マスク・うがい・手洗いが大切ですが、菌の付きやすい歯や舌を清潔にすることもポイントのようです!
実際、2010年、杉並区の小学校の2校で昼の歯磨きを徹底したところ、昼の歯磨きを行っていない小学校に比べ、そのシーズンのインフルエンザによる学級閉鎖発生率が低かったという報告もありました。

その因果関係の実証にはまだ時間がかかりそうですが、毎日の歯磨きが、虫歯・歯周病・口臭予防に加え、インフルエンザの予防にもつながる可能性があるということはよいことです☺
全身の健康のためにも、お口の健康に気を付けましょう♪

GW スタート☆★



今日からGW10連休がスタートしましたね☆

皆様は10連休どこかに行かれますか??

ユアーズオーラルクリニック三宮は、前回の記事にも書かせていただきましたが
10連休全て診療しております\ (^^) /

旅行先で歯が痛くなった方や、いつもの歯医者さんがお休みで、、詰め物が取れたなど
全て受け入れますのでお気軽にご相談ください‼

また、GWの間に歯を綺麗にしたい✨という方には、ホワイトニングをおすすめしております(^_^)
当院のホワイトニングは、1回4.980円+クリーニング代とリーズナブルな価格設定となっております♪

いつも仕事で時間を作れない方や、なかなか歯医者に行けてないという方は
ぜひお休みの間に歯のメンテナンスをしてはいかがでしょうか?

ユアーズオーラルクリニック三宮は通常診療と変わらず
朝8時~夜20時まで診療しております(*^_^*)

お気軽にご連絡ください('ω')/

**********************
YOURS ORAL CLINIC 三宮
☏078-331-6675
〒650-0021
神戸市中央区三宮町1丁目6-11 三宮本通りビル2F
**********************







もうすぐゴールデンウイーク☆


こんにちは(^^)/

だんだん気温も暖かくなりましたね。
わたしは、半袖でも暑く感じることもあります(笑)

そこで、今回のゴールデンウイークはなんと10連休!!!!
だがしかし、当院はゴールデンウイーク10連休も
休診日なく診療しています。

突然歯が痛くなった方や、仕事で普段受診出来ない方など、
より多くの方のニーズにお応え出来ればなと思います。

どうぞ今後とも、ユアーズオーラルクリニック三宮を、
よろしくお願いします☆



ブラッシングについて!!



毎日歯を磨いているのに、歯が痛くなったり
歯茎が腫れていたりしませんか??

歯を綺麗に磨いているつもりでも、たくさんの
磨き残しがあるため歯周病や虫歯になりやすくなります。

当院では、歯のお掃除をする際に、赤い染め出し液を使用します!
この赤い染め出し液は、歯垢染色剤といって歯に付いている歯垢を
染め出していくものです。

歯磨きをした後に歯垢染色剤を塗布し、うがいをすると磨き残した
歯垢が赤く染まります。
目には見えない磨き残しを、自分自身で確認することができます。

また、歯の隙間や磨きにくいところも染まるので、歯ブラシでは落とせない汚れも
分かります。歯ブラシでは落とせない歯の隙間には、歯間ブラシや
フロス、タフトブラシをおすすめします!(^^)!

歯間ブラシやフロス、タフトブラシの使用方法が分からなければ
お気軽にご相談くださいshine
当院でも販売しております*^-^*

また、院内で使用している歯垢染色剤も100円(税込)で販売
させていただいています!!

虫歯や歯周病予防にも、しっかり歯を磨くことは大切ですconfident
ご興味あれば使ってみてください!!


知覚過敏



こんにちはsun

最近よく患者様から「冷たいものを食べたら歯がキーンとする」「虫歯ではないと思うけど、、」
というお声を耳にします。

そこで今日は知覚過敏について話します!(^^)!

知覚過敏とは…?
歯の中の神経が感覚過敏になり、痛みとして現れるのが知覚過敏です。

過敏になるだけで痛くなるのか と思う方もいらっしゃるかもしれません。
ところが!歯の中の神経が持っている感覚は痛みしかないのですthunder

知覚過敏になる原因は…?
①歯ぎしり・食いしばり、常に上下の歯を接触させている

②歯垢が付着している

③ブラッシングの圧が強すぎる

①③は歯に負担をかけすぎていることが原因です。

なので
①マウスピースをつける、歯の接触時間を短くする

②適切なブラッシング圧にする、ブラシの種類を変える

ことが重要になります(^^♪
大切な歯を大事にしてあげてくださいね(^^)/

以上、知覚過敏についてでした!
また、歯について相談がありましたらお声かけ下さい(^^♪





歯の詰め物が取れてしまったら


ガムや硬い食べ物を食べている時など、虫歯の治療痕から詰め物が取れてしまったことはありませんか?
そのままにしておくわけにはいきませんが、歯医者に行く時間が取れないという方も多いのではないでしょうか。

まず、なぜ取れてしまったのか。
よくある理由の2つは、、、

①セメントの劣化
歯と詰め物はセメントで接着しています。
この場合、接着している材質の寿命が問題になってきます。
この接着剤に損傷を与えるのが、振動や衝撃、急激な温度変化、酸性物質による浸食が考えられます。

②二次カリエス(二次虫歯)
歯と詰め物との境目の接着部分が劣化などによって徐々に隙間ができると、ここから虫歯菌が侵入してくる場合があります。
そうなると表面上では視認できない歯の内部で虫歯が進行し、歯が脆くなることで詰め物が取れてしまう場合があります。

他にも歯ぎしりや食いしばりが理由の場合がありますので、気になった方は相談してみましょう(*‘ω‘ *)

最後に、できるだけ早く受診することをおすすめします!
できれば、詰め物が取れた歯の側ではなるべく噛まないよう注意し、
取れたものを自分でくっつけたりはしないようにしてください(´;ω;`)

そして、取れた詰め物は使えることがあるので、清潔な状態で持ってきていただくことをおすすめします(*‘ω‘ *)

歯の詰め物が取れてしまったらの続きを読む

口臭について


こんにちは。
初診、でお悩み欄に口臭が気になるとクリーニングをご希望される患者様からのお声を今日はご紹介します。
口臭には、種類があり歯周病や虫歯によるもの、プラーク歯垢によるもの、自分に口臭があると思いこむ精神的なもの、全身疾患由来、肝臓などの疾患によるものがあります。
では、どうすれば細菌を減らし口臭を防ぐことが出来るのでしょうか?
それは毎日のお口の中のセルフケアです。
歯ブラシや、フロス、歯間ブラシなどでお口の中の細菌を減らすことが大切です。
一つ一つの歯を丁寧に磨いていくことが大切です。
新生活を機会にお口の中の掃除を見直してみませんか?
お悩みの際はぜひご相談くださいね。


当院へお越しの方へ


患者様からよく、
「ここは専用の駐車場はないの?」
と問い合わせがあります。

しかし残念ながら、当院専用の駐車場は設けておりません _(._.)_
お越しの際は、交通機関をご利用いただき、駅から徒歩でお越しいただくか、
またはお車でお越しの方は、お近くの駐車場をご利用ください !(^^)!


顎関節症


「口を開けると耳の付け根が痛いんです(*_*)」と言うお声を最近よくお聞きします。
あくびをするとお口の中でガクンといった音がしたり、物を噛むとこめかみ辺りが痛いなど
この症状を感じたら顎関節症を疑いましょう。
顎関節症の患者様はここ十数年で急増しているといわれ、特に20代~30代の若い女性に多く見られます。
軽症なら自然に治ることもありますが、放置しておくとめまいや耳鳴り、肩こり、お口が開けられず食事を摂る事が困難になってしまいます。

普段の日常生活の中の癖に顎関節症を引き起こす原因が隠れていることもあります。
顎関節症リスクチェックで生活習慣に問題がないか確認してみて下さい(^_^)

1、歯を食いしばる癖がある
2、歯ぎしりをする
3、歯をカチカチ鳴らす
4、うつぶせ寝の習慣がある
5、歯並びや噛み合わせがよくない
6、一日中ガムを噛んでいる
7、ものを食べる時、左右どちらかだけで噛んでいる
8、奥歯が抜けたまま放置している


薬で痛みを取り除いたり、マウスピースを装着し歯ぎしりや食いしばりのダメージを軽くします。
心当たりのある方はぜひご相談下さい!(^^)!


なぜ継続的にホワイトニングを行うのか?

以前ホワイトニングがどのようなものかをお話させていただきましたが
なぜ継続的に行わないといけないのか・・?
と言う患者様のお声がありましたので
お話させてただきます^^

一度のホワイトニングではエナメル質の表面の着色を除去するだけですので
表面上白く見えても、その後の食事などですぐに再着色されてしまいます!
何度かホワイトニングを行っていただくことで
エナメル質の奥の着色を除去しますので長持ちしより白く感じられます!
なので当院では継続的にご来院をお勧めさせていただいておりますconfidentshine


健康的な白いはを継続させていきたいとお考えの方は
ぜひ当院までお問合せくださいhappy01








123

« 2019年3月 | メインページ | アーカイブ | 2019年5月 »

このページのトップへ