HOME > 患者様の声 > アーカイブ > 2019年3月

患者様の声 2019年3月

痛いのが苦手


痛いのが苦手!麻酔が怖い!という方、
当院に通って頂いている患者様でも多くいらっしゃいます。

痛いのが苦手だから麻酔はしたい。
でも麻酔の針も怖い。

そんな患者様のために、当院ではできる限りの無痛治療を心掛けております。
通常の麻酔に合わせて、表面麻酔、電動麻酔をご用意しています。

◎表面麻酔
歯肉の表面に麻酔薬を塗り、感覚を麻痺させます。

◎電動麻酔
コンピューターで管理された機械の圧力で麻酔液をゆっくり注入し、
最も痛みの少ない速度で一定に麻酔薬を注入できます。

虫歯は放っておいて治るものではありません。
皆様の大事な歯を守るため、スタッフ一同努力してまいりますので
ご不安な方は是非ご相談下さい(^^)


歯石取りの種類

 

みなさん歯石取りに何度も通う意味ってご存知ですか?

歯石取りには2種類あります。

 

その1つめは「SC スケーリング」です。

SCは歯の表面に付着した歯石、プラーク、そのほかの沈着物を除去します。 

こちらの歯石とりはだいたい1、2回で終了します。

 

 

2つめは「SRP スケーリングルートプレーニング」です。
歯茎の中の歯の根っこの部分についた歯石を除去し、その部分に汚れが付着しにくくなるようツルツルにする処置です。


この処置は痛みを伴うことがあるので麻酔をして行う場合があり
その際は、右の上・下、前歯の上・下、左上・下の6ブロックにわけ4~6回の回数をかけて行います。

SRPをしたあとは歯肉の炎症がひきますが、それに伴い個人差はあるものの、冷たい物がしみる等の症状がでてくる方がいらっしゃいます。

炎症で盛りあがっていた歯肉が急に引き締まることにより、今までに見えていなかった歯の表面が出てくるからです。

つまり、回数がかかる歯石とりとは、このSRPのことで、回数がかかる理由は

 

①麻酔をするので1度にお口全体を処置できないから
②処置後、しみるなどの症状がでるため、一度に処置すると患者様に負担がかかるから
③見えないところを触感で探って歯石をとるので処置が難しいから

 

以上、3点があることをご理解いただきたいと思います。

 

歯茎の中の歯石は歯周病を進行させる大きな原因のひとつです。

SC、SRPでしっかりと歯石を除去し、歯周病を防いでいきましょう^^


 



治療で使用する器具について

治療で使っている器具の衛生面について
ご紹介させていただきます^^

歯医者さんの器具の衛生面について
どのようなことをしているのかという
お声を聞くことがありましたconfident

当院では
使用した器具は水洗後、超音波洗浄で精密洗浄を行い
ひとつひとつパッキングされ、

こちらのオートクレーブ(高圧蒸気滅菌器)を使用し滅菌を行っています!

ちなみに高圧蒸気滅菌というのは、
温度及び圧力の飽和水蒸気中で加熱することにより細菌・ウイルスを殺滅する方法のことを言います。

治療に使用する直前まで器具はこのようにパックされ保存されています。

患者様、おひとりおひとりに安心してご利用していただけるよう
器具ひとつひとつ清潔を保っていきます!!







ホワイトニング


当院で今、初めて来院された方や通院中の方にも受付でカードをお配りしています!(^^)!

受付でお渡ししているカードを家族や友人に紹介していただき、紹介された方が当院へカードをお持ちいただくと、紹介した方もされた方もホワイトニングが初回1000円OFFになります!

やりたいけどその前に虫歯や気になる所も治しておきたい、、、という方も治療が終わってからのホワイトニングでも大丈夫です(*^-^*)
新生活に向けてホワイトニングいかがでしょうか(^^♪
気になる方は気軽にスタッフや受付までお問い合わせください☺♪

虫歯になりやすい人なりにくい人

虫歯はなりやすい人、なりにくい人がいることをご存知ですか?

主な虫歯の原因は

1.歯自体に原因がある人
 歯質が弱い人(遺伝的、胎児期・小児期の因子によるもの)

2.口の中の細菌の量が多い人
 虫歯の多い母親を持つ人
 虫歯の治療の経験のある人
 今虫歯がある人

3.唾液の量が少ない人
 口が渇きやすい人
 ストレスの多い人
 薬の副作用によるもの

4.食習慣・生活習慣の乱れている人
 甘いものをよく食べる人
 間食の多い人
 生活が不規則な人

このような原因が考えられます!
当てはまるな~と思った方は一度定期健診へお越しください^^
虫歯は放っておくと隣の歯へ広がっていく可能性もありますので
早期発見が大切ということも覚えておいてくださいね♩



患者様からのお声


皆さま、お食事は好きですか?

毎日の食事は私たちが生きていく上で必要なことですよね

以前、患者様からのお声で

歯がないから食事が嫌なんだよ~
硬いもの噛むのが怖い。。
痛くて片方でしか噛めない。

というお言葉を聞いたことがあります。
通院して頂き治療後、噛めるようになった時、

これで好きな物を思いっきり噛めるわー!
食事を楽しみたいです!!

と治療後のお気持ちを聞く機会があり
大変うれしく思い、励みになりました^^
今後も患者様と一緒に喜びを分かち合えたらと思います!



口臭ケア


ご自身のお口の中の臭いが気になること、ありませんか?
まず口臭とは、本人やまわりの人が不快に感じる呼気の臭いのことをいいます。
口臭があると自覚があるのは80%を超えると言われています。

口臭の主な原因は
・歯周病
・臭いの強い食品や甘いもの
・舌苔(ぜったい)
・消火器の疾患
・ストレス
などです。

ここで注目したいのが
口臭の原因トップ2とされている舌苔、歯周病です。
【 舌苔 】
強い口臭を引き起こす原因として最も多いと言われているのが舌苔です。
舌苔とは舌に付着した白っぽい汚れで、
口臭を引き起こす細菌やタンパク質を多量に含んでいます。

多少の舌苔は健康な人にもありますが、
・口の中が乾いているとき
・体調がよくないとき
・胃腸の病気や脱水を伴う病気があるとき
などに厚くなります。

胃腸の調子がよくないときに舌苔が増えるのは、舌の感覚を鈍らせて食欲を減らし、
食べる量を減らして胃腸を守るためだといわれています。

【 歯周病 】
舌苔の次に多い原因が歯周病です。
歯周病によって口の中にたまっている歯垢(プラーク)も、
舌苔と同じく多量の細菌とタンパク質の集まりです。
炎症が起こっており、多量のタンパク質が細菌に分解されて強い口臭が発生します。
 
舌苔が気になり、歯ブラシで下をゴシゴシされている方もいらっしゃるかと思います。
しかし、歯ブラシによっては下を傷つけてしまうこともあります。
当院では舌専用のクリーナーを取り扱っています。
気になられた方は是非お声かけ下さい!

また、当院では歯周病のお悩みを改善すべく、
定期健診だけでなく歯石取りや細かい汚れのお掃除までさせて頂いております。
お心当たりのある方は、是非一度ご相談下さい!


マウスピース☆

スプリント療法をご存知でしょうか?

スプリント療法とは、就寝中にマウスピースを装着することで顎関節の変化を起こして、
歯ぎしりや食いしばりを改善するのに、用いられる治療法です。

歯ぎしりや食いしばりは、無意識に自分の顎の筋肉を使い、
歯と歯を噛みしめるため、歯がすり減ったり割れたりします。
また、顎の筋肉を大きな力で動かせるので、
筋肉は疲労し、血流も悪くなり、首コリや肩コリ、頭痛などの症状が出てきます。

当院でも、マウスピースを作ることが出来ます!(^^)!
歯ぎしりや食いしばりが気になる方、マウスピースに関しましても
気軽にご相談ください♪

キッズルーム

先日小さなお子様連れのお母様が来院されました。
当院にはキッズルームがあり、安心して通院出来ます。
とはいえ、「ママがいい~(´;ω;`)!!」
とゆうこともしばしば、、
お子様の好きなものをお聞きし、お母様の見える傍で一緒に遊んだりアニメを観たり、
最後にはニコニコしながら手を振ってもらえました。
お母様からも「助かりました」とゆうお言葉をいただきとても嬉しかったです。
小さなお子様がいてなかなか病院に通えないとゆうお母様もぜひご相談ください(^_^)

歯石について

歯石とは歯に付着した歯垢が固まったもので、歯磨きで磨き残した歯垢は2日ほどで歯石に変わると言われています。
歯石は石のように硬いので一度付着してしまったら歯ブラシではとれず、歯医者でスケーリング(歯石除去)をしなければなりません。
そして、歯石の上にさらに歯垢が付着し歯周病の原因になってしまいます。
なので歯垢歯石が気になる方や、虫歯や歯周病予防などで当院で一度健診いかがですか(^^♪

123

« 2019年2月 | メインページ | アーカイブ | 2019年4月 »

このページのトップへ