HOME > 患者様の声

患者様の声

麻酔が効かない?

こんにちは!
今日は麻酔の事についてお話していきます(^^

歯科では、痛みをなるべく感じにくいよう
麻酔を用いて治療を進めていきます

そんな歯科治療でも麻酔が効かない場合があります((+_+))

それは歯周病や虫歯によって炎症を起こしている部分には
麻酔が効きにくいということです

炎症をおこしているところはお口の中の
pHが酸性に傾いており、
アルカリ性の麻酔液は中和されてしまう為
麻酔が効かないということが起こります

麻酔が効かないと痛みを感じてしまう為、
炎症が治まってからの治療が良いですね(*^_^*)

虫歯や歯周病による急性炎症を起こさないよう、
日々のセルフケアや定期検診が大切になります(^^

痛みや違和感などを感じたら是非一度ご相談下さい(^^♪

ホワイトスポット

「ホワイトスポット」聞いたことはありますか?

歯の表面が一部、周囲の歯より明らかに斑点状に白くなっている場合
これをホワイトスポットと呼びます。
*初期虫歯
*エナメル質形成不全
 大きくなってからの原因は、ほぼ初期虫歯によるものです。
歯の表面からミネラル分が溶け出す脱灰という状態です
脱灰を起こすと歯は光沢を失い白く濁りはじめます。

ホワイトスポットができたら、まずは虫歯に進行させないようにブラッシングを徹底的に行うこと
そして、再石灰化が行われやすくするように歯科医院にてフッ化物塗布をしましょう(#^^#)
当院では、希望の患者様にフッ化物塗布をしております。
ぜひ、ご来院お待ちしております。

歯科検診でよく聞くワード

歯科検診でよく「C1」「C2」などという言葉を聞いたことがありませんか?

Cは虫歯の意味で、数字は虫歯の進行度合いを意味します。
進行度合いの数は0~4までの5段階があります。
そのうちの0.1は初期虫歯と呼ばれる状態です。
C2以上であれば、虫歯が「象牙質」と呼ばれる歯の内部まで進行した状態なので
C2以上であれば、歯医者さんで治療をおこなう必要が高くなります。

当院では、神戸市40歳無料検診、妊婦検診の受診が可能ですので
ご連絡お待ちしております。

CPCとIPMP

こんにちは!
今日は歯磨き粉に含まれていたり、
テレビCMなどでよく耳にする「CPC」「IPMP」について
お話していきたいと思います(^^)/

「CPC」(塩化セチルピリジウム)

歯磨き粉だけでなく、洗口液や
トローチなどにも広く使用されている亜安全な薬品で
お口の中の浮遊性細菌に対して強力な殺菌作用をもっています。

CPCは陽イオン性であるため、陰イオン性である
バイオフィルム(細菌の集合体)表層の細菌に付着して
殺菌効果を示します

「IPMP」(イソプロピルメチルフェノール)

細菌が産生するバイオフィルムは、薬剤の浸透を妨げるはたらきがあります
そのため、CPCはバイオフィルム表層の細菌には効果的ですが、
バイオフィルム内部までは浸透しません

それに対して非イオン性の薬品であるIPMPは、親水性(水になじみやすい性質)と
疎水性(水になじみにくい性質)の中間の性質をあわせもっています

そのため、バイオフィルムへの浸透性にすぐれており、
強い殺菌作用を発揮します

薬品は歯磨き粉のパッケージの裏などに記載されています(^^)
よかったら皆さんも見てみてください♪

デンタルフロスの重要性


こんにちは!

今日はデンタルフロスについてお話します(^^)/

皆さんはフロス(糸ようじ)を使っていますか??
歯ブラシだけでは落としきれない歯と歯の間の汚れを
デンタルフロスを使って綺麗にしていく必要があります。
表面は歯ブラシで磨くことができますが
歯と歯の間は歯ブラシの毛先が届きにくく、
残ってしまった歯垢が虫歯や歯周病の原因となるのです。
それと食べかすや歯垢によって口臭の原因にもなります。
最低1日1回(特に就寝前)はデンタルフロスを使って口腔内を清潔に保ちましょう(*^^)v

デンタルフロスの使い方がわからない場合はぜひ当院へお越しください☆
丁寧に使い方などご説明いたします!(^^)!

歯石とは?

歯石とは
歯に付着した歯垢が硬く石のように固まったもので、歯磨きで磨き残した歯垢が2、3日ほどで歯石となっていきます。
歯石は一度付着してしまうと歯ブラシでは取れず、歯科医院で歯石を除去することになります。
そのまま放置していると、歯石の上にさらに歯垢が付着し歯周病が進行する原因となっていきます。

歯周病、虫歯、歯磨きの仕方が気なる方は、一度検診でご相談ください。

寒暖差が激しいので、体調には気を付けてくださいね。

舌ブラシ

こんにちは!
みなさんは、口臭が気になることはありますか?
口臭は、舌についた汚れである舌苔(ぜったい)が主な原因と言われています。
予防するには、舌磨きで舌苔」を除去するのが効果的です。
歯磨きの後、舌ブラシや歯ブラシを使って掃除します。
1日1回、朝に磨くのがおすすめです。
1度、継続的にやってみて口臭を減らしてみましょう。
歯科検診でも、1度相談してみてください♪

歯の数え方

こんにちは!
今日は歯の数え方についてです(^^)

大人の歯(永久歯)は基本28本です
親知らずが全て生えている方は32本です



見方はご自身と向かい合っている状態でみます(^○^)
反転しているので、右の歯は図の左側に表記されています
大人の歯は真ん中からわけて手前から
1番2番…と数えていきます

これを覚えておくとご自身の歯で気になる所が
何番目の歯かどうかわかります(^^♪

また、先天的に歯が少ない方は
どの番号の歯がないのかも知ることが出来るのではないでしょうか('ω')

ちなみに親知らずと言うのは左右上下の8番目の歯になります
親知らずが生えていない方は通常7番目までになります

歯の数え方についてでした(^^☆

むし歯になる原因は??

朝晩めっきり涼しくなり、日中との気温差が激しくなりましたが、体調崩されないようお気を付けください。

皆様、虫歯の原因は何かと思いますか?

虫歯の原因はまず細菌がいることが挙げられます。

口の中にいるう蝕病原菌が、主に砂糖を利用して歯の表面にデキストランと呼ばれているようなネバネバしたカプセル様の物(多糖体)をつくります。


これが細菌同士をたくさん歯の表面にくっつけるように働き、歯の周りには汚れすなわちプラークがつくられてきます。このプラークの正体は細菌の塊なのです。


その中では、食物からとられた糖から酸がつくられ、歯の表面はいつも酸に侵され、また無数の細菌に取り囲まれた状態となっています。

やがて歯の表面が酸に溶かされ、細菌が歯の中に侵入して、虫歯がはじまることになるのです。

このため、虫歯を抑えるためには

砂糖を減らすこと
歯の表面の汚れを取り除くために歯磨きをすること
酸に強い歯をつくるためにフッ素を使うこと

などが必要となってきます。

食生活あるいは食習慣も少し気を配れば、虫歯はかなり防げるものなのです。

皆様も今日から実践してみてください。



悪習癖で歯並びが悪くなる...

こんにちは!
季節の変わり目で少しずつ涼しくなってきましたね(^^
体調の変化も頻繁に起こってくる時期なので
お体に気を付けてお過ごしください(^^)/

さて、今日はお子様の歯並びが悪くなる原因について
お話していきたいと思います

歯並びを悪くする原因として挙げられるのが
「遺伝」と「悪習癖」にあります


「悪習癖」とは、歯並びや噛み合わせに悪影響を与える習癖のことをいいます
悪習癖には、

①指しゃぶり
②口呼吸や口をいつもあけている
③頬杖や横向き寝やうつぶせ寝
④唇や舌を噛む
⑤爪を噛む癖
⑥片側噛み
⑦つばを飲み込むとき上地舌の歯の間に
舌を挟んで飲み込んでしまう

など多くの例が挙げられます((+_+))

それぞれの悪習癖には上顎前突(出っ歯)や反対咬合など
色々な歯並びへの悪影響を与えます(*_*)

もしかして...と思い当たることがあれば
ご相談ください(^^♪


12345678910

100件以降の記事はアーカイブからご覧いただけます。

このページのトップへ